「ビンミン」は、ベトナムの首都・ハノイのリーバンフック通りにある焼き鳥専門店です。

ベトナム人だけでなく、ベトナム在住の日本人や外国人に絶大な人気を誇り、また各種ベトナム観光ガイドに必ずと言っていい程掲載されていることもあって観光客も多く訪れ、連日たくさんの人々でにぎわっています。今ではビンミンを真似した焼き鳥店が軒を連ね、すっかりこの通りは焼き鳥専門店通りと化しています。

ハノイは細長いベトナムの北方に位置している関係から、隣接する中国南方の食文化の影響も少なからず受けているようです。ここビンミンでは、中華料理の影響を受けながらも、様々なスパイスを独自に配合した「秘伝のタレ」を使用しています。スパイシーな辛さ、後を引く甘さ、そして絶妙な塩加減は、他のベトナム料理の味付けとは一線を画し、人気の秘密となっています。

鶏肉は部位別に提供されており、フランスパンやジャガイモを秘伝のタレとはちみつで焼いたものも大人気。事前に電話で注文し持ち帰るお客様も多く、各家庭で楽しんだり、またパーティーで使われることもあります。

ビンミンの味は門外不出、レシピは流通しておらず、ましてやそこで修業した人もいません。ビンミンを営む一家(Binh家)しか知らない、秘伝の味だからです。

長年「チョップスティックス」を営みながら、より多くのベトナム料理を日本に紹介したいと考える中で、「炭焼料理」には特に強い思い入れを持っていました。ハノイの名店である「ビンミン」の味は日本人の口にも合い、私自身にとっても忘れられない、是非紹介したい味。しかしその味は、どうにも再現できない難解な味でした。

そこで私達は「日本に姉妹店を出させて欲しい」と直接ビンミンへアタックして交渉を重ね、店主のご好意により門外不出のレシピを教えていただくことができました。

一人でも多くの日本の方にこの味をお楽しみいただき、ベトナム料理の新たな魅力を知っていただくことができればと思います。そして、ハノイへ旅行へ行った際には、ぜひビンミン本店へもお立ち寄りください。